CoreServer V2 にpython を入れる!【Flaskとコアサーバー】

CoreServer V2 にpython を入れる!【Flask】CoreServer V2 にpython を入れる!【Flaskとコアサーバー】Flask
CoreServer V2 にpython を入れる!【Flask】CoreServer V2 ...

前置き

レンタルサーバーである、コアサーバーに、

普通にpythonをインストールしようとすると

Permission denied: '/usr/local/lib/python3.6'

となってしまった。

デフォルトのpython を利用しようとすると、pipが使えなくて詰むので、どっちにしろ自分でpython入れなくちゃいけない。がんばろう。みんな。(正直、結構大変だったからVPS の方がいいと思う。今ならまだ間に合うよ!)

【レンタルサーバーより断然優位】Python 実行のおすすめ VPS 5 選 – notemite.com

でもどうしてもやりたいんだったら、しゃーなし。一緒に頑張ろう😘

解決策

👇まずは、以下を参考にpython を入れる。

CORESERVER V2 に Python をインストール
CORESERVERV2には始めからPythonがインストールされていますが、バージョンが3.8と…

👇これも参考に。(自分の環境化ではうまくいかなかったけど)

CORESERVER V2でPythonのflaskを動作させる(後編)
前回はCORESERVERV2でPythonのflaskパッケージの導入までを紹介しました。ここでは実際にCORESERVERV2環境でPythonでWEBコンテンツを表示するまでを紹介します

その後、以下をチェック。

  • [x] zshrc_profile にpython のパスを記述する。
  • [x] python のバージョン をコアサーバーで動作する python 以下にする。(自分はPython 3.8.9にした)
    (コアサーバーのホームページに動作するpython の記載があった気がする。確か、3.10〜は動作しない。)
  • [x] index.cgi の一行目に以下を記載。(パスは適宜修正してください。which pythonで出たものを書いた気がする)
#! /home/`USERNAME`/.local/bin/python
  • [x] coreserver のダッシュボードにて、該当ドメインで、cgi を有効にしておく。
  • [x] 確か自分は、apache の設定は触らなかった。

Flask の入れ方

Flask の入れ方はほとんどこれと一緒だった👇

これで入れたかもしれない👇うろ覚え😐

python3 -m pip install Flask --user

pip にて、jinja2, flask をインストール。

できた?出来なかったら、こっちの方がいいかも。(悪魔の囁き😈)

【レンタルサーバーより断然優位】Python 実行のおすすめ VPS 5 選 – notemite.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました